乾燥の季節、筋肉も乾燥する⁈“ドライマッスル”で痛たたた

樹木希林の訃報にとても寂しさを感じています。
人はついつい人の顔色を伺いつつ行動してしまうというかそうやって社会の中で協調しようとしますが、希林さんは筋の通った人生を歩まれている印象でした。それでも皆に愛されていたのは筋を通す本質が本物だからぐうの音も出ないだったのでしょうね。
秀樹が去り、希林さんが去り寂しいものです。違うステージでのご活躍をお祈りしております。


季節の変わり目はブログ記事ネタもあっちいったりこっちいったり。
先日は美容・お肌のカリカリネタを書きましたが、今回もカリカリネタです。

https://deuxiemkacha.xyz/autumn-beauty/3756/

乾燥の季節、筋肉も乾燥するのじゃ

関節周りが痛いというご相談がぼちぼちあります。腕の関節だったり、肩甲骨周りだったり、股関節だったり。
“関節は骨の可動性連結である”とあります、つまりは動く。滑らかな動きを可能にするためにそこには潤滑油があり、柔らかい筋肉でおおわれて柔軟に動き、細かい動きから大きな動きまで可能にしています。(参考:イラスト解剖学 著 村松讓兒)

関節と柔軟な筋肉のお陰で

踊ったり

走ったり

出来るのです。

猛暑の後、熱による潤いの消耗やもともと潤い不足、血不足傾向の方は乾燥の季節に入り自然界からの「燥」の気を受け、硬い筋肉(ビーフジャーキーみたいな?)または骨と骨の間の潤滑油も消耗して関節の動きに制限がかかったり柔軟に動けず痛みが発生します。
ゴリゴリ、ギシギシ、スカスカ

潤いや血の消耗はストレスや目の酷使(PC、スマホなど)、運動やサウナでの過度な発汗、女性でしたら月経時期も血不足が現れやすい時ですね。
鍼灸やマッサージ施術でポイントの痛みが取れたとしても関節の可動制限がかかったり、痛みが生じているという方は上記部分も見直してみましょう。

ゴリゴリ、ギシギシ、スカスカな時に摂りたい食品

ゼラチン、骨付き肉←煮込んでで出た出汁にコラーゲンがいっぱい、出汁も含めて丸っと頂きましょう)&ちょびっと血流をよくするためにお酢

市販のゼリーを買うときは、裏面をチェックしてください。寒天を使っていると潤い分を排出しますので逆効果になります(残念)

秋は行楽シーズンですからね、カラダ動かして楽しんでいきましょ!
湘南は連休中波が豊富らしき情報がぁぁぁーーーー。現地に行かなくても動画や写真が見れるのは有難いやらせつないやら。最近週末ばかりに波があるのはどうしてなのでしょうか~

それでは残りの連休をお楽しみください。

シェアする

フォローする