東洋占術で生き方レボリューション by天海玉紀先生

「24時間じゃなりないなぁ」と日々を過ごしております。
が、ちょー敏腕経営者から「あと何時間必要?その時間なにするの?」と聞かれたら「うーん、結局同じか・・・」という結果論に至ったわけで、要は時間の使い方が下手なだけなのです。
まだまだひよっこ。

「生き方レボリューション・働き方編」東洋占術

ミズマチユミコ先生&天海玉紀先生の「生き方レボリューション・働き方編」に参加させて頂きました。

http://lady-joker.com/20181014-revolution/

古代中国哲学の五要素を使って自分タイプを知る

ご一緒させて頂いた方々の五要素を拝見すると、あれまぁーみんな違うものですね。って当たり前なのですが、普段自分のものしかお目に掛かっていないのでこんなものだろうと思ってしまいがちなのですが、様々な命式を拝見することも個人鑑定と違って面白いところ。

ワタクシ自他ともに認める自分をだいじに族です。いや、たぶんこれを知ったのは玉紀先生と出会ってからであってそれまでは自覚なく生きてきました。というか自覚なく自分をだいじにを生きてきたというのが正解か?

会社辞めて海外行ってきます。

会社辞めて鍼灸学校いきます。

雇用辞めて独立します。

仕事をすることはどこかに雇われてお給料を頂くことだとインプットされていた自分にとって安定した環境を手放すことに不安を覚えたことは記憶しています。それでも自分を押し殺して過ごすくらいなら安定なんていらねー。なんとでもきっと生きていけると言い聞かせ、今の自分がいます。

それを自由というのなら自由とはとんでもない決定と責任とやる気スイッチの必要性に気づくのだが時すでに遅し。自分を大事にだけで自分の好きなことだけやっているのは自己満足、趣味とかそんなところ食べてはいけず。
好きで食べて生活していくには、自分を大事にだけでは成り立たないのが世の仕組みなのです。(やれやれ)仕事は嫌なことも面倒な事も引っくるめて出来る事、興味、追求出来る事、自分がそこに身を置ける事でなければならない。

「自分をだいじに」「自己肯定感と心の安定」をどう生かし他人様の役に立てるように伝えるか?というとんでもない労力や作業も必要なことなのだと数年前玉紀先生に出会わなければ「必要な人はやってくる、出会うべくして出会う人がやってくる」と小さなマンションの一室でひとりぽつんと座り込んでいたことだと思います。いやその前に廃業届を提出していたことだろう。
自分をだいじに族はとりあえず自分の思うところへ突き進む能力はあるのですが(経験談)そこで終わってしまう可能性も大。行く道違えば引きこもり?
自分だいじに族の皆様、自分だいじにをよりよく生かしていきましょう。

五行・五要素はバランス

五要素(五行)は循環しバランスを取ることだと認識しております。
不足は補い、過剰は抑する

どうして私はあの人のようになれないの?

それはあなたに備わっていないからです。そう、どんなに望んでもないものはない。ないものを無理に着飾ってもうまくいかないのは仕方がありません。ないものはない。
ですが、五要素は知っています。あなたをもっと魅力的にする方法を。
あなたが理想とするものに直球ではなれないかもしれないけれど、あなたが持っているものを生かしてあなたの理想に近づけることは出来るかもしれない。
バランスですから。
どれがよくてどれが悪いということではありません。バランス♪バランス♪五行はバランス~

玉紀先生考案、五要素ライフサイクルは自分にあるものとないものを知り自分の強みを意識してバランスよく生きやすくしてくれるツールとしてこれからも活躍してくれることでしょう。

今回参加した講座は個人事業や副業を持った方対象でしたが、独立がよい、組織がよいという区分けなく、環境やら条件下で悩み今の自分の働き方に納得がいかないとか自分らしさを感じられないという方は玉紀先生の五要素ライフサイクルからよい循環を生み出してみてください。滞ると淀みますわよ。

シェアする

フォローする