春雷?突然の耳鳴り

世界は広くて狭い。宗教に関係なく祈りを捧げることは出来る。
憎しみ恨み辛み、暴力による攻撃暴力による防衛それが何を生むのか。互いがいがみ合えばいがみ合う程醜いものと化すだろうに。世界に平穏な日々を

顔の見えない、声の聞こえぬ連絡手段。faxの時代は【至急】って赤スタンプがあった気がする。今も使われているのだろうか?ペーパーレスの時代会社内は電子文書のみなのだろうか。(私の知らない世界)
私のところにくる連絡はメールか電話、たまにショートメール。
先日文章中にあったわけではないけれど【至急】って文字が浮かび上がって見えるメールが届きました。電子文章にも感情ってあるものです。

「突然、悪くない方に耳鳴りがしてどうしたらいいのかわからない」

教科書的には突発性難聴は片側の・・・であり、まさか健側に起こることはない、と思うでしょう。だが数年前右を悪くして今度は左に発症というのも少なくないです。この場合突発性難聴ではなくメニエールという病名がつけられることもあります。病名は名前にしか過ぎずカラダは教科書通りにはいかないものなのです。

ちょうど数日前に同様の方がいて2日連続治療して治まったこともあり、時間は遅くなるけれどすぐの治療の方がいいと判断してすぐにご来院頂きました。

この時期、耳とか上部の症状は五行・木-五季・春-五臓・肝の気が関連していることが多くやることが青々しいというか派手というか。

春雷

3月から 5月頃に発生する雷。寒冷前線の通過時に発生する界雷で,この雷雨はよくひょう(雹)を伴う。春の到来を伝える雷ともいわれる。雷鳴に驚き冬眠していた地中の虫たちが目ざめるという理由で「虫出しの雷」という呼び名もある。

冬から春、地中の虫たちがうごうごと動き出すようにカラダも芽吹き出すが抑制が効かずどどーっと急に気が上るとガガガァーーーとかゴゴゴーとかカンカンカンと踏み切りの音といった頭の中で鳴り響くような耳鳴りが生じることがあります。自分の声や外から音全てがワンワンと反響するといったことも併せてみられることもあります。

治療の際、新病(発症から期間のあいていないもの)と旧病(慢性症状・素体の状態)あればどちらから治すかというとやはり新病の方から。病は深いものほど治りず時間を要します。だからこれ変だな?なんだろう?と思ったらすぐに対処したほうがいいのです。

ここ数日の突然の耳鳴りのご相談は以前からご来院頂いている人達ということもあり、2~3日の治療で落ち着き事なきを得てホッとしています。気温も上がってくるのでまだ油断できないですが。

毎年言っていることですが(暦の上での)春は耳の違和感が発症しやすい傾向にあり。そのうち治るだろうと放置せずご相談ください。


突発性難聴 メニエール病の鍼灸治療(一日でも早い治療がおススメ)
慢性疲労など心身のメンテナンスに鍼灸治療

デジタル時代の疲労リフレッシュに!!
ホリスティックヘッド鍼灸セラピー

朝の月、会いたいなぁーと思っていたら偶然出会えた、みたいな出来事でいい気分になる。 イルカが見えたあなたにきっといいことありま...

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ
横浜市中区山下町276-5 ル・グラン元町903
アクセス⇒
JR根岸線石川町駅徒歩5分
みなとみらい線元町・中華街駅徒歩10分
予約⇒

2019年10月1日より施術費改定しております⇒


東西占術ポータルサイト【ウラナイ8】にて東洋医学・健幸養生便を毎週金曜日に発信させて頂いております。

2月の健幸養生便

2月4日号「北枕

2月11日号「ニラレバ」

2月18日「方位取り」

2月25日「おにぎり

週末は気温がグッと上がる予報。 心と体を健幸に、金曜日のデイリーメッセージ《健幸養生便》白鳥ともみがお届けしま…
東西占術ポータルサイト ウラナイ8メインテーマは東西占術、占術で自身の取扱い設計図を受け取り地に足つけて人生を切り開くヒント満載。心と体のバランスを調えながら与えられた人生を一歩一歩築いていってください。