食欲の秋ですね。

あっという間に10月も終わりに近づいています、皆様いかがお過ごしでしょうか。
毎年悩まされる颱風は少なかったものの振り返ると雨の日が多かったような気もします。
この数日の秋空がとても気持ちがよいです。

収穫の秋、食欲の秋

夏の暑さの中で食欲が落ちてしまった方もいらっしゃいますね。
「ようやく食欲出てきた」というお声も聞かれますが、食欲は出てきたものの食べ始めるとあまり食べられないというお声も頂いております。

食物を取り入れ消化する働きは五臓六腑の脾胃の働きです。
詳しくは胃は食物を受け入れ、脾が消化吸収の働きをしています。

お腹がすくけれど余り食べられないというのはどちらかと言えば胃の働き、胃の潤い・消化液の不足ということもあります。舌を観ると赤かったり(普段から見ていないと比較できないのでわかりにくいですが)、食事の時水分があったほうが食べられるとか。

  • 夏の間に潤いを消耗してしまったり
  • 普段からストレスフルで潤いを消耗していたり
  • 辛いものの過食で潤いを消耗していたり

と原因は様々

乾燥の季節ですからね、潤い不足は肌ばかりではないのですよ。

【潤いを補充するもの】

葡萄 リンゴ クコの実 オリーブ ナッツ類 黒ゴマ 豆乳 山芋 薩摩芋

【控えたいもの】

にんにく 唐辛子 しょうが 鶏肉 海老 羊など


「いただきます」は食物から頂くエネルギーへの感謝。
日々の食物からカラダは作られています。

今では知った風にカラダの事や食物についてお伝えしていますが、私自身食べることがとても億劫で会社勤めの頃は昼は珈琲、夜は?残業の合間にパンをかじるとか?今思うとよく生きていたな、と思います。若さゆえでしょうかね。
知人らもよく今日は誰が点滴に行ったとか、そんな環境下だったこともあったのかな。(あの人たちは今どうしているのかしらね)
鍼灸師という職業についても心身激務過ぎて食べることが辛くて、食べては吐く(吐きたいわけではないのに)ので食べず、食べられず1週間過ごした際、流石に足元おぼつかないものだと体感しました。たぶん根っこが丈夫だったお蔭で大事には至らず過ごしてきてしまいましたけれどね。あのままだったら今頃・・・恐ろしいな。
独立して中医学を勉強しなおして、ようやくです。ようやくカラダにどれだけ食べるということが必要でカラダが食物から出来ていること、「いただきます」の言葉が大事かを知るようになり、今日も元気に過ごしております。

カラダのカウンセリングをしていて「自分はダメダメですね」とおっしゃる方もいますが、ダメということはなく、気づけたことは“気づこうとした”ということでもあります。そこからスタートでもいいのです。明日の自分はきっと昨日とは違っているはずです。


突発性難聴 メニエール病の鍼灸治療
慢性疲労など体のメンテナンスに鍼灸治療

カラダの中から綺麗をつくるホリスティック美容鍼灸セラピー
リフレッシュにホリスティックヘッド鍼灸セラピー

颱風14号チャンホンの行方が気になる週末ですね。 大きな被害が出ないことを心より願っています。 いつもこの時期は悩める颱風。通常ならサー...

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ
横浜市中区山下町276-5 ル・グラン元町903
アクセス⇒
JR根岸線石川町駅徒歩5分
みなとみらい線元町・中華街駅徒歩10分
予約⇒

2019年10月1日より施術費改定しております⇒

シェアする

フォローする