骨盤の開閉

さて、前回はクリパルで行った第1チャクラの話をちらほらと書いていました。
追記でひっそり書こうかなと思ったのですが・・・別枠でひっそり書くことにしました。

第1チャクラの位置は肛門と性器の間とあります。
ということは肛門と性器の働きにも密接に関連するということです。
第1チャクラが弱まると尿漏れや便漏れなど漏れてはいけないものが漏れてしまうということは前回も書いております。
これを中医で解釈すると腎の気には固摂作用として尿や便などを漏れ出ないようにする締める働きがありますが、幼児はまだ腎の気が充分でない為、お年寄りは腎の気が不足してくる為、腎気不固となり、知らぬうちに“ジャー”と漏れてしまうことがあります。
幼児は成長と共に腎の気は増してくるので心配ないでしょう。小学校後半になってもお漏らしをするというようなことがあれば、少し考えた方がいいかもしれませんが。
加齢に伴う場合はは腎の気を補っていくことが必要です。
そして第1チャクラを意識していくことも漏れによいそうです。

~腎の気は先天の精とされ、誕生してからは脾より生じる後天の精(飲食物と大気中の気より得られる)により補充されます。こういったことからも日頃の食生活や呼吸法は大切と言えます~

ということで、第1チャクラを意識して、股間にピンポンボール大のものを挟んでいるとイメージ。
それを落とさないように締めていきます。キュキュ
女性の尿漏れ改善にも尿道括約筋を鍛える!とありますよね。
さてと、しっかりと締まったでしょうか。


ととと、、、帰り道々

(´エ`;)(´エ`;)(´エ`;)

やってしまった。。。。と気づくがすでに遅し
腰を・・・・(´エ`∥)
私は日頃から骨盤は閉じたり開いたりしている、特に女性は・・・(うんぬん)という話を他人様にはしている身です。
一日の中でも骨盤は閉じたり開いたり、そして女性は生理周期に合わせて閉じたり開いたり
この日の私の体は排卵日を過ぎ、骨盤はだらりと開いていく時期でした。
身体は開こうとしているのに反して閉じる方向に働きかけてしまったせいで、骨盤がギシギシと音をたてて締めつけられ痛みを発してしまったようです。ウググググ
昨年3月にも同様の腰痛でえらーーー目に合い、1,2,3歩歩くと激痛=3という経験をしているので、早々に唯一の技術を活かし私の手の長さからやっとこさ届く腰へと刺鍼、灸でただ今治療中。

だいぶ良いですが、油断禁物といったところです。
この日のクリパルヨガを否定するわけではありません、ヨガの前にサーフィンをしていたことも原因のひとつであり、自分のカラダの声を無視してフィジカル面に働きかけ過ぎたことが原因です。
私はちっとも内面と対話出来ていなかったという、残念な結果でした。。。(反省)
自分への反省の意を込めて・・・ここに残しておくことにしまする。(´;ω;`)ウゥゥアタタタ
オンナは締めればいいというものではない。

参考までに「骨盤のリズム」
生理中:骨盤は開いている
生理後~排卵期:骨盤は徐々に閉じていく
排卵期~月経前:骨盤は徐々に開いていく

骨盤リズム

シェアする

フォローする