梨をみると思い浮かぶのは五臓の肺です

颱風前の静けさか
さらっと気持ちのよい金曜日(今のところ)、3連休を前に浮足だっている方、仕事をなんとか定時で終わらせようと躍起になっている方いらっしゃることでしょう。
がんばれ~♪

先日梨が届きまして、ありがたく頂戴しております。
梨の姿を見るようになると、五臓の肺を思いやる季節ねと思う私です。
諸事情によりまだ湿を纏った方もいらっしゃいますが、外はさらっと乾燥してきているように感じます。
颱風到来と共に状況は変わるとのでしょうが。。。

秋といえば乾燥の季節
肺は潤いを好み乾燥を嫌います。嫌うというのは苦手ということで臓器としては機能が低下し体調不良を招くということです。
自然のサイクルはほんとに素晴らしくできていると思うのですが、食物たちは生物に必要なものを届けてくれます。
健康のため美容のためにあれこれ流行りの食材が登場しますが、己のカラダを感じ季節を感じ旬のものを頂くことが何よりの健康健美“健幸ライフ”です。

秋・肺・梨
梨:涼性
肺を潤す。潤して乾きを止める。
今日のように気温が高くさらっとしている中で喉がちと痛い、口が乾く、便が硬いという人は梨おススメです。
まだベタベタした汗が気になる、やや軟便傾向、お腹でぽちゃぽちゃ水の音がするなどという場合は控えましょう。

シェアする

フォローする