【CINEMA】湿地

梅雨を前に・・・というわけではありませんが先日観たDVD『湿地』
アイスランド&ドイツ&デンマーク合作映画。

アイスランドの刑事もの。ミステリー小説を映画化したものだそうです。
湿地というイメージだけあって最初から最後まで暗くてじっとり。眠ってしまうかと思いましたが、重い気分のまま上がることも下がることもなく見ていました。
殺人事件の犯人を追うストーリーですが、映像もストーリーも重くて翌日までどっしり残った映画でした。

ネタばれになるので(ってみる人いるかはさておき)詳細は書きませんが、個人的には松本清張の砂の器を思い出しました。
悪いことは悪い、悪は悪です。ですが人間の行動には時として善と悪だけできっちり線引き出来るものばかりではないのです。

主人公の警察官エーレンデュルのシリーズものの小説を映画化したらしく、これは本で読んだほうがたぶん、面白いと思われる。
ということで小説を探すことにします。

シェアする

フォローする