カラダを阻むもの・・・食滞

昨晩26時頃帰宅、夕方から雨が降った割に外気がさほど冷たくなく、雨のお蔭で空気が澄んで気持ちよく、空には星が輝いていて早く家に入ればいいものをしばらく空を眺めていたり・・・
「立春を過ぎると空気が変わるなぁー」
と思っていたら今日は昼から冷たい雨。。。
三寒四温
ふと気が付けば桜を追いかける季節がやってくるのでしょうね。

本題、カラダは気血水液スムーズに流れている状態がよいわけですが、スムーズに渋滞なく流れなくなる原因に流れを阻むものがあることです。(実証)

  • 痰飲水湿、

これは汚い水と思っていただければいいでしょう。目に見えるものであれば喉風邪を引いた時の痰とか鼻風邪の時のドロドロした鼻水とか。ゲッホゲッホとおじさんが痰を絡ませている姿、あれもそうです。

  • 瘀血、これは使えない血です。

捻挫した時に紫色に変化しますが、あれは脈内を流れる血が脈外に出てしまったことで瘀血となり、それが流れを阻害するので不通則痛(通じざれば痛む)により痛みが生じます。
そして

  • 食滞

消化を主る脾胃の働きが低下したことにより食べたものがエネルギーに転化されずゴミとして溜まってしまったもの。食べ過ぎ、飲みすぎでも生じますし、食べなさすぎでも生じます。また今の季節ですと陽気(温める力)の不足によっても生じます。
最近中年男子に多いなぁ~と思うのです。
それも宴会続き!!っていうのではなく、どちらかというと食べなさすぎ&内勤職で動かないという人。
もともとカラダを動かすのが好きではないので休みの日も日頃の運動不足解消にちょいとウォーキングでもするかというのもなく、「寒いから」と家で過ごすことが多いようです。
食事のバランスもいまいちですから動くためのエネルギーもなく、気がないので冷えやすく、消化吸収の働きも低下する。年を重ねると代謝はダウンしますし、先日も書きましたが冬はさらに代謝ダウンしますので食滞も溜まり易くなるのでしょう。
舌をみるとねっとりとした苔が付着しています。
食滞が長期間に及ぶと熱を持ち始め苔もちょっと薄黄色く見えます。
何かが流れを阻むと張ったような凝り、張ったような痛み、どこか閉塞した感覚など表れます。
こういったことから病気と呼ばれるものに進行することは多々ありますので、生活習慣は大事です。

若いころのようには・・・いかないものですからね。
週末ゴロゴロσ(ΘωΘ)したいですよね。
動きたくないのもわかります。。。。
その原因が食生活だったり睡眠、運動不足ということもありますので、ゴロゴロ卒業したいなぁ~という人はライフワークの見直しを!
体調不良食滞
私事ですと・・・昨日の食事不足&睡眠不足で脾胃の調子が思わしくなくσ(・´ω`・)
今日は一日食欲なかったのですが、このままだとバテバテバッタンキュー┐(‘~`;)┌ですから、今日は温かいものを食べてぐっすり休むことにします。←エネルギー不足で消化能力低下
ちょっとの不調溜めないことが大事ですよ。

シェアする

フォローする