平成31年に観たもの

今更ながら平成31年って4か月しかないのですよね。ということは平成31年に観たり聞いたりすることって4か月分しかないのかと思うとなんだか濃厚な気分になったりします。

とどーでもいいことですが、平成31年に観たものを個人記録としてまとめてみます。まだ公開中の映画もあるのでこれから見る人は要注意。

【映画】

「マイサンシャイン」ハル・ベリー&ダニエル・グレイグ

ダニエル・グレイグが好きなので選んだ一作。007とは違って近所のイケているおじさんな役で違った一面を見せていました。
日本人も海外に出ると差別的なものを感じることはありますが、人種問題については本当のところ理解できるかと言われると難しいテーマだといつも考えさせられます。

「エリック・クラプトン~12小節の人生」

エリック・クラプトン自伝
こちらは過去記事に書いていました。

少し前のことになりますが(自分メモ)新年早々観た映画「エリック・クラプトン~12小節の人生~」 エリック・クラプトンはいいおじ...

「グリーンブック」ヴィゴ・モーテンセン&マハーシャラ・アリ

美しい映像の映画を観たなという感想。
人種差別が色濃く残る1960年代アメリカ南部を舞台に、黒人天才ピアニストとそのボディガード兼運転手が演奏ツアーを通して友情を育む物語。
イタリア系のボディガードのトニーと天才ピアニストのドクター・シャーリーとのやり取りの中で進むストーリーですが、それぞれの立場での想いが描かれている印象です。実話であるがこその美しいストーリーだな、という感想。

「バイス」クリスチャン・ベール

ジョージ・W・ブッシュ大統領だった時代大統領の補佐の副大統領ディック・チェイニーのストーリーです。
なんとも、よい悪いの評価なしのアメリカらしい映画だなという印象です。そしてストーリーところどころにブラックユーモアなのか?なんなのかって作りがちょっとおぞましい感じです。主人公のチェイニーは史上最悪の副大統領と言われているらしいのですが、悪行が悪行らしく描かれていないというかこれは見る側の無知さゆえか副大統領にまで上り詰めた男のストーリーと受け止めてしまいそうです。そしてその史上最悪の副大統領が観客に向かって放つひと言が「選んだのは君だ」なんていうのですから、本国の人がみたらどう受け止めるのだろう。バイス・VICEは副という意味と悪という意味があるそうです。

【舞台】

「アルルの女」「ベートーベン 第九」Kバレエカンパニー

平成時代に最も多く見た舞台がKカンパニー/熊哲です。50本くらい。
今回「アルルの女」は配役は益子倭さんと毛利実沙子さん。以前観た時は熊川さんが演じていましが、お二人ともなかなかの実力派で期待以上でした。
この演目は振付家ローラン・プティさんによるもので、ローラン・プティ&熊川の作品「ボレロ」「若者と死」「カルメン」がありますが、振付が洗練されてシャープな印象。全てみるとわかりますが、ふむふむと言った感じです。で、今回も確かによかったのですがKカンパニーの為の振付というよりも熊川哲也に向けた振付って思えてしまうのですよね。これは熊川ファンならばしかたない(すまん)。古典バレエとは違った人間の泥臭さを感じます。古典って単純明快なストーリーを美しく作り上げているな思うのですが、(だってなんで王子ってすぐ騙されるのかな?とか)こういった作品は腹のそこから出てくるようなものが・・あるのですよね。(素人感想ね)

「ベートーベン 第九」は熊川さんがカンパニー創立10年目に創作した作品。えー10年前?とか思いますが、そうなのですね。
そしてカンパニー20周年に熊川さんが2年ぶりに舞台に登場という記念すべき舞台でした。
これもバリバリの古典とは違って熊川哲也さんがベートーベンの交響曲にドラマを見出し構築したもので、舞踊とオーケストラ、合唱、独唱と圧巻です。以前オペラと雅楽(東儀さん)とコラボしたことがありましたが、オペラとバレエの共演ってすごく深みが出てゴージャスでいいと思います。第四幕でひらりと熊川哲也が現れるとこれまた舞台が大きく見えるのは流石です。この瞬間の為に・・・必死でチケットを取る自分。
だんだんと熊川さんを舞台で見れる機会も減って貴重なる時間となっていますね(寂しい)。
カンパニーとしては創作、古典以外の新しい作品を生み出していかねばということですが、古典バレエってやっぱりいいなと思ってしまいます。もう一度ドン・キホーテと海賊みたいですが、ものすごく体力がいる作品でしょうから観れないかな。ジゼルもカルメンも観たいね。正直あれもこれも観たいのだけれど。舞台は一瞬が美しいからいいのでしょう。

平成の記憶としてはそろそろ終焉。映画は見たいものがあれこれあるのだけれど時間が・・・
令和もあれこれ映画館、舞台で楽しませて頂きたいと思います。


鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ
横浜市中区山下町276-5 ル・グラン元町903
アクセス⇒
JR根岸線石川町駅徒歩5分
みなとみらい線元町・中華街駅徒歩10分

ふ化まであと2日(お楽しみに~)

シェアする

フォローする