マスクはいつまで顔の一部なの

毎日ホント暑いですね。夏ですからね、暑くなければこれまた異常気象になるのですが熱いです。
オリンピックはやるなら秋ですね。選手生命に関わりますから。来年やるのでしょうか?東京オリンピック。

さてこの暑さの中で熱さに拍車をかけているのが“マスク”
体と外を連絡する穴“九窮”(目+鼻+口+耳+生殖器+肛門)のうち上部の二つを覆ってしまっているマスク。
熱は上に上る性質があり、上の穴がふたつも塞がれ出口がない。
体に籠った熱を逃がせません。

突発性難聴の方を拝見することが多いカーチャです。なんらかの熱が耳に影響していることも多々あります。例えばストレスによって生じた熱や更年期の時期には潤い不足から相対的に熱分多めなど。この夏はホントしんどいですよ。
耳鳴りがいつもより大きくなっていたり、キィーキィー機械音がしたり、外から入る音が響いて不快だったり。頭痛やら首肩もガビガビに凝り固まったり。

治療では熱を取ったり、潤いを補ったり、上った熱を下ろしたり。

日常生活でのご提案

  • 入浴は首まで浸からない(鳩尾くらいまで)
  • スパイシーなものは摂らない
  • 海老・鶏肉など温性食品は出来るだけ避ける
  • 首の温め療法(ホットパックンなど)は控える
  • 果物はいいけれど桃はやめておく
  • アルコールはお休み

体の血行をよくした方がいいと温泉に行ったり温め食材を積極的に摂るという情報は今のあなたには合いませんので控えましょう。

マスク警察?まだ出没しているのかな?外を歩くとき人通りのないところや話すことなく距離を保てる場所ではマスクをつけなくてもいいのではないでしょうか。
職場でも距離を保てて周囲の人と対面で話すことがないのならばマスク外して作業してもいいのではないでしょうか。
かれこれ2月からでしょうかね、マスクが顔の一部になったのは。たぶんしばらくマスクは顔の一部となります。
もう少し臨機応変に密を避けその場にあった過ごし方でもいいのではないでしょうか。

突発性難聴は原因不明と言われストレスが原因と言われることが多いですが、人一倍気を使い真面目で緊張が強い方が多いと感じます。耳の聞こえが不自由であることで更に周囲に気を使い、聞き逃してはいないか?間違えてはいないか?といつも以上に神経を使って過ごしています。その上常に耳の中で不快な音がすることでストレスは溜まるばかり。
耳の症状は周囲からみてわからないのでその不調に気づけない、思いやれないことがほとんどです。それは仕方ないことです。ですが、もし側に罹患されている人がいることがわかったら無駄に大きな音をたてず、正面から声掛けをする、ゆっくり話す、大きく口を開いて話すをちょとだけ意識してみてください。
また体調によってマスクを終日つけていることが苦痛な人もいます。絶対マスク装着!ではなく互いが工夫して過ごせる世の中でありたいと思います。


突発性難聴 メニエール病の鍼灸治療
慢性疲労など体のメンテナンスに鍼灸治療

リフレッシュにホリスティックヘッド鍼灸セラピー

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ
横浜市中区山下町276-5 ル・グラン元町903
アクセス⇒
JR根岸線石川町駅徒歩5分
みなとみらい線元町・中華街駅徒歩10分
予約⇒

2019年10月1日より施術費改定しております⇒

シェアする

フォローする