欲しかったので買ってみました

物欲がなくなるのは年を取ったからでしょうか?
物欲と言っても服とかバッグ、靴やらアクセサリーってやつです。
日常生活でジーンズとTシャツあれば生きていける、どうせなら年中ビーサンでいたいとか言っているので物欲も薄れてくるのは無理はありません。
なのですが、ホームセンターで前から気になっていたヤツを遂に!!買ってしまいましたー。

床リペアアイテム

これです!半田ごてで蝋を溶かしてフローリングの床をうまいこと治してしまうというヤツです。
以前ホームセンターで実演販売おじさまがうまいことやっていて、その上楽しそうだったので欲しいなぁ~欲しいなぁーと思っていたのですが、うまく使えなかったら無駄になるにはちとお高い。ですが今回DIYついで買っちゃおうということで欲しかったおもちゃを手にした子供のようにはしゃぎながら帰ってきました。

使い方はYouTubeで解説してくれています。
ここ
ぐふふ
楽しそうです。
早速やってみました。
むぐぐ
思ったよりも難しい(ーー゛)
実演販売のおじさまが扱っていた時はもっと柔らかいものを扱っているようだったのに、あっという間に硬化する。
むぐぐ
5000円もしたのに(。ノω\。)゚・。
お金もですが、万が一無駄なグッズならば私の生活圏内に無駄なものを増やしたことがショックでございます。
使ってやるー
使いこなしてやるー

と半田ごてと闘っていてわかったことは
蝋は半田ごての上で溶ける。
硬化した蝋は再び半田ごてで熱を加えれば難なく扱える。
親切セットの中には熱保護材が入っており、フローリング上で半田ごてを使用する際はこの熱保護材をヌリヌリすれば余分な硬化部分は程よく溶けてぬぐい取ることが出来る。

ぐふふ
癖になるくらい楽しくなってきました。
あっちこっち小さな傷も直しちゃうよー
と相変わらず単細胞発揮です。

半田ごてなんて、塗料メーカーに勤めていた際に事務系の私とは仕事がまるで違う同期を訪ねた際に実験室で何やら焼き入れているっている!のを見た際に初めて知った代物です。
こういったものを楽しんで使う日が来るとは、人生わからないものです。

おまけにやっぱりダイソー凄いねって話
これも前から気になっていた商品なのですが

コンパスカッター

コンパスの先が鉛筆ではなくカッターになっていて丸くカットできるのです。
丸くカットしたいものがあって、前から気にはなっていたのですが無駄使いか?なんといってもダイソーだぞ、そんな綺麗に切れないだろーと手にとっては売り場に戻したいたものです。
ですが、今回思い切って108円のこちらの商品を購入して早速カットしてみたら
驚くほど綺麗にまあるくカットできました。
まあるくカットしたい!って願っている人には願ってもない商品ですねー。
でもカッターの刃が小さいので大物は無理かと思いますけど。ダイソーですからその辺はご愛敬で(^.^)

シェアする

フォローする